雑誌Begin(ビギン)でアウトドア特集だってね!チェキラ!

アウトドア
スポンサーリンク

ども、ろぎおです。

 

Begin(ビギン)という雑誌を知ってますか?

世界文化社から出ている男性向けモノ情報誌。

1988年創刊、15万部の発行部数を誇る人気雑誌です。

 

僕は1996年くらいからの愛読者で、最近はAmazon(アマゾン)の読み放題サービスKindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)で読んでいます。

 

で、4月16日に発売になったNo.367がなんとアウトドア特集!

 

『どこよりもわかりやすい!アウトドアはじめる!パーフェクトBOOK』

 

あれもこれも欲しい欲しい欲しい!ってなること間違いなし。

鼻息荒くならないように気をつけながら、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

アウトドアはじめる!!レベル1

 

まずは外で楽しもうということで、デイキャンプでいいじゃん!的なアプローチ。

自分だけの基地を作る上で欠かせない大物ギアからスタートです。

 

オープンタイプのシェルターに、Begin が以前から提唱している外でも家でも使えるテーブル&チェア、調理グッズ、クーラーボックス、ラック、ランタンなどなどが紹介されています。

 

好感が持てるのは、コスパもきちんと考えられたセレクションになっているということ。

 

通販で有名なナチュラムのプライベートブランドHilander(ハイランダー)をチョイスしているところが、きっちり読者層に合わせてきている感じがします。

 

さらに、これだけ覚えとけば大丈夫!的に、カッコよく映えるキャンプギアの配置も紹介。

 

「黄金配置は9の法則」

 

どんなレイアウトなのかは、本誌でチェック!

 

アウトドアはじめる!!レベル2

 

大物がそろったところで、レベル2ではアウトドアに欠かせない小物ギアを紹介。

「いつものデイパックに収まる」というコピーが、イメージしやすくていいですね。

 

皿、コップ、箸やスプーンといったカトラリー、キャンプでは定番となりつつあるコーヒーセット、こまごましたものを入れる収納など、厳選したアイテムが並びます。

 

バイオライトをセレクトするあたりが、さすがBegin って感じ。

 

アウトドアはじめる!!レベル3

 

基地とギアがそろったところで、+αの「コト」作りにもぬかりありません。

 

アウトドアスピーカーはコンパクトで防水機能が付いた JBL や BOSE 、ランタンとセットになったNEUTRAL OUTDOOR の製品が紹介されていました。

 

また、ダッチオーブンやスキレットを使った、簡単な料理も紹介。

食はアウトドアに欠かせない「コト」ですからね。

 

さらにアウトドアホビーもしっかり押さえてます。

卓球、トランポリン、フリスビー、などなど。

ほんと、Begin ぬかりないわ。

 

テントはアンダー5万円特集

 

ファーストテントとして5万円以下の有名どころをピックアップ。

ブランドだけあげると

 

モンベル
テンマクデザイン
MSR
コールマン
チャムス
ニーモ
DOD
ロゴス
ケシュア

 

こんな感じ。

ケシュアが入っているあたりが、デカトロン上陸の影響か?って気がしないでもないです。

僕も一つ持っているので、嬉しいですけどね。

 

定番&革命&デザイン

 

永世定番と言ってもいいアイテムも、きちんと誌面を割いて記事になっています。

 

アークテリクスのアルファSV
パタゴニアのバギーズショーツ
ノースフェイスのアルパインライトパンツ
ダナーのダナーライト
チャコのサンダル

 

もうセレクトに間違いがない。

あらためて欲しくなります。

 

その他、デザインが優れている逸品や、新しい発想で業界をにぎわしたギアたちも紹介されていて、飽きずに楽しめる内容となっています。

 

まとめ

いわゆる泊まりのキャンプに関する情報は、正直薄いです。

本当にこれからアウトドアをはじめる人向けに書かれている感じですね。

ただ、そこはモノ雑誌です。

どれを選んでも、ハズレのないモノやブランドを一通り知ることができるでしょう。

アウトドアに興味がある人は、一見の価値アリです。

 

Begin(ビギン) 2019年 06 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのBegin(ビギン) 2019年 06 月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またBegin(ビギン) 2019年 06 月号 もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました