ろぎおについて

船堀 麺や多久味(たくみ)│多くの方に食べて欲しい塩つけ麺

くいいぢ

 

東京都・江戸川区の船堀といえば、「大島」という人気店が有名です。

 

が、しかし!

 

じつはもう一つ、ぜひとも足を運んでいただきたいお店があるのです。

むしろ僕としては、こちらの方が行きつけ。

 

それがこちらです!

 

スポンサーリンク

麺や 多久味

船堀駅から徒歩3~4分の新大橋通り沿い。

 

 

場所はこちら(写真です)

 

この日はランチタイムの少し前にお邪魔しました。

 

ピークタイムだと少し待つことになることが多いのでね。

 

店内は4人掛けのテーブル席が2卓とカウンター席が7つ?だったかな。

回転が早いので、混んでいてもそれほど待たずに入れると思います。

 

アクリルのつい立てにメニューがずらり。

 

もともとは冊子型だったのですが、感染症対策が必要になってから、このスタイルに変わりました。

 

僕はここのメニューを一通り食べているのですが、その上でここに来たらよほどのことがない限り「塩つけ麺」をオーダーします。

 

大将が注文をとるときは、「いつもの?」と聞かれて、麺の量だけオーダーするときもあるくらい。

 

ちなみに麺は300gの大盛りまでは無料。

さらに有料で100g単位で増量も可能です。

 

 

店内には有名人のサインもずらり。

 

 

調味料も豊富に用意されています。

 

特にこの生にんにくがいいんです。

お好きな人にはたまらないはず。

 

そうこうしているうちに、できたようです。

 

 

わが愛しの塩つけ麺!

 

もうね、何度食べたかわかりません。

それくらい美味しい。

僕史上最高です。

 

 

麺は太めのちぢれ麺。

 

スープがしっかりからんでくれます。

 

特に指定しないと冷水でしめてくれますが、スープが冷めてしまうのが気になる方は熱もりもできるので注文時に伝えましょう。

 

 

スープはこんな感じ。

 

甘みと酸味のバランスが絶妙なお味。

魚粉の香りがふぁ~ときます。

 

そしてあらかじめ炒めた刻みタマネギ!

甘みが塩味をまろやかに中和しつつ

シャキシャキの食感が小気味いいのです。

 

ちなみにメンマが以前は太めのゴロっとしたものだったんですが、今はノーマルな細めのものになっています。これは個人的には残念なのですが、それでも塩つけ麺の美味しさを損なうことはありませんのでご安心を。

 

 

チャーシューもしっかりいい仕事しています。

 

 

では、実食。

 

 

麺をスープに付けて、いただきます。

 

 

ずるずるずるずるー--

 

 

これこれーーーーー!

 

 

いつも通りの美味ぃぃぃ-ーーーー!!

 

 

特にこのスープのお味がいい。

 

わりと濃いめのしっかり味なんですが、後味はくどくない。

むしろあっさりしていると言ってもいいくらいなのです。

 

 

ランチだと、プラス100円で小ライスとぎょうざを付けられます。

 

 

麺をすべていただいたら、スープ割りをお願いすることにいたしましょう。

つけ汁は濃いめですからね。

アツアツのスープに刻みネギをあしらってくれます。

 

 

ずずずずーーーー

 

 

あぁ、おいしい。

しあわせだなー。

 

 

あっという間にスープもすべて飲み干して完食。

 

ごちそさまでしたー!

 

塩つけ麺以外にも

かつお香味らぁめん や

まぜそば など

おしながきは粒ぞろい。

 

ただね、

僕にとって多久味の塩つけ麺は

何度食べても飽きない味であり

ひとりでも多くの方に

食べてもらいたい味です。

 

船堀に行ったら、ぜひ寄ってみてくださいねー。

 

 

くいいぢ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました