みやろぎおについて

青と夏

音楽

 

夏が始まる。

 

『青と夏』

 

恋の歌だ。

 

 

そう思った。

 

 

 

 

高校生。

 

キラキラした弾ける青春。

汗が、若さが、まぶしい。

うらやましいと思った。

 

僕は高校時代にあまりいい思い出がない。

 

進学校でまわりには頭がいいやつがゴロゴロしていて、上には上がいるということを思い知った。

 

勉強が難しくて、まったくついていけなくなった。

楽しかったのは世界史だけ。

理系科目は赤点をとらないことが目標だった。

 

授業中は窓の外をぼーっと眺めていることが多かった。

ラブホテルが見える。どんな人が行くんだろう。

 

そんなことを考えていた。

 

友だち付き合いもあまり深くならなかった。

 

あの頃、誰と何を話していたのか、ほとんど思い出せない。

笑っていたような気もするけど、無表情でいたような気もする。

いつも、なじめない感じを抱えていたんだろう。

卒業アルバムで登場している写真は1枚だけ。

今も付き合いがある友人はいない。

 

だから、暗黒時代だとすら思っていた。

 

 

でも、よくよく記憶をさかのぼってみると、僕にも青い高校生活の日々はあった。

 

勉強。

一人の先生との出会いで歴史が好きになった。

喜びも悲しみもすべてがそこにあった。

連綿と続く人の営みが今につながっていることを知った。

 

バスケ。

リズミカルに響くドリブルの音。

ボールがゴールに吸い込まれる快感。

汗くさい部室のにおい。

 

恋。

想いを伝え、届かなかったこと。

想いを伝えられ、応えられなかったこと。

 

一生懸命に生きていた。

 

 

ふと、思った。

 

『青と夏』

 

これは、若者の歌だろうか。

ぼくは今、恋をしているだろうか。

 

恋とは、好きだということだ。

 

それ以外には考えられない。

いてもたってもいられない。

それがあれば幸せ。

 

暗黒時代だと思っていたあの頃のぼくにも、たしかに好きなものはあったし、それがあれば幸せだった。

 

ぼくは今、何が好きなのだろうか。

 

 

今まで体験したことがないような夏。

 

先が見えない感染症。

殺人的な暑さ。

きっとやってくる自然災害。

 

あまり明るい感じはしないけれど、それでも、生きていかなければならない。

 

「昨日までの当たり前が、一瞬で壊れることを知った」

 

それならば、今を大事にして、何かに「恋」をして、精一杯できることをやってみたらいいんじゃないか。

 

さあ、何をしようか。

 

夏が始まる。

 

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました