ろぎおについて
ブログのおはなし

星野源『日常』の歌詞を野良ブロガーが自分勝手に解釈してみた

 

どうも、星野源大好きブロガーの ろぎお です。

 

星野源の『日常』という曲をご存じでしょうか。

 

2011年に発表された2nd アルバム

『エピソード』

に収録されている楽曲。

 

これ、完全に名曲なんですわ。

 

とくにクリエイターというか、日々何かを一生懸命やっている人は、みんなグッとくることまちがいなし。

 

で、検索してみるとこの曲の解釈をチラホラお見かけするんですけど、僕はブロガーとしての立ち位置でつらつらと書いてみます。

 

もうね、マジで

 

「これを聞きながら記事書くよ!」

 

ってなるから。

 

 

 

無駄なことだと思いながらも それでもやるのよ

意味がないさと言われながらも それでも歌うの

 

はい、冒頭のこの歌詞。

 

もうこれだけでさ、

泣ける人は泣けると思うわけ。

 

何記事も書いて、

それでも先が見えなくて

苦しい思いをしている人は

 

「やべぇ、私の歌じゃん」

 

ってなるでしょ。

 

いやね、自分では誰かの役に立つと

信じていると思うんですよ。

 

そのためにいろいろ調べたり、

読みやすいように工夫したり

してるわけでしょ。

 

でもさ、それを家族や友人に見せた時に、

もしくはブログをやっていると言った時に、

辛辣な言葉を浴びせられたりするわけじゃん。

 

「そんなのやってる意味あんの?」

「バイトした方がマシじゃん」

「あんまりおもしろくないね」

 

ってさ。

 

もしくは自分の中にそうやってささやく

悪魔がいるわけよね。

 

「これ読む人いるの?」

「時間の無駄じゃん」

 

ってさ。

 

で、そのたびに思うわけじゃん。

 

「くそっ」

 

って。

 

んでさ、

 

「なんと言われたってやってやる!」

「それでも書くんだ!」

 

って思うわけじゃん。

 

そういうことを思い出しながら聴くと、

もうこの2行でお腹一杯。

 

涙が頬をつつーっと伝っても

全然おかしくないのよ。

 

だってブロガーはブログに恋しちゃってるからね。

 

それをあーだこーだ言われてさ。

やめとけやめとけって言われてさ。

 

でもしょうがないじゃない。

 

好きだから書いている。

書きたいから書いている。

 

それだけなんだから。

 

僕はそんなブロガーを

絶対に笑ったりしない。

 

一生懸命考えたアイデアを

どうにかカタチにしようと

頑張って書いてることを

知っているからね。

 

 

理由などいらない

少しだけ大事なものがあれば それだけで

 

 

大事なものって何だろうね。

 

これは人によると思うけど、

お金、読んでもらうこと、

人からの賞賛、自己満足、

どうしても伝えたいこと、

承認欲求が満たされるとか、

まあそんなところ?

 

何でもいいと思うんだけど、

自分にとって大事なものを

ちゃんとわかっておいた方が

いいとは思うのね。

 

じゃないとブレるからさ。

 

逆にそれがあれば、

大変でも頑張れるとも思うわけよ。

 

少しだけでいいの。

少しだけでね。

 

 

日々は動き 今が生まれる

暗い部屋でも 進む進む

僕はそこでずっと歌っているさ

へたな声をあげて

 

 

自分は何もしていなくったって

世の中は動いていくんだよね。

 

そんななかで黙々と記事を書く。

 

夜型の人も、朝型の人も

どっちにしたって

外が暗い時間に書いてるんじゃない?

 

ひとりぼっちの部屋で

家族が寝静まった後のキッチンで

孤独にブログを書いているんじゃない?

 

1文字でも前へ。

 

へたな文章かもしれないけど

ずっと書き続けてるでしょ。

 

その先にしか見えないものを目指してさ。

 

そしてそんな自分を不思議と嫌いになれないでしょ。

 

だから書き続けたらいいと思うんだ。

 

 

みんなが嫌うものが好きでも それでもいいのよ

みんなが好きなものが好きでも それでもいいのよ

 

 

これね、星野源は後半を言いたくて

歌詞を書いたんだってさ。

 

よく言われるのは

 

みんなが嫌いなものが好きでもいい

 

オンリーワンがいいよね、

それが個性だよねって

もてはやされる時代。

 

一方で

 

みんなが好きなものが好きでもいい

 

こっちを言ってる人がいないなと。

 

なんとなくだけど、

みんなが好きなものを好きって言うのが

格好悪いと思うこともあるじゃない。

恥ずかしいとかさ。

 

でも好きってどっちもあるじゃない。

 

だからそれをちゃんと歌詞にすることで

 

どっちでもいいんだよ

 

ってなるわけでさ。

 

完全なる自己肯定。

 

何かを書くっていうのは、自分をさらしものにするってことだからさ。

正直、怖かったりするわけじゃん。

 

でもそこでいい意味での開き直りというか、堂々と「これが好きだ!」って言えないと、読み手の心に届かないと思うわけよ。

 

自分で満足してなくて

他人を満足させるなんて

無理なのよ。

 

だからこれが好きだと言えるんなら

まわりはどうだっていい。

 

ちゃんとそれを歌った星野源。

すごいよね。

 

 

共感はいらない

一つだけ大好きなものがあれば それだけで

 

 

大好きなものはある?

 

それについて書いてる?

 

僕はブログって

「好き」

を書くべきだと思うんだ。

 

モノでもコトでもヒトでも

対象は何でもいい。

 

とにかくこれが好きっていうところを

あますところなく書く。

 

共感はいらないって歌詞にあるけど

結局その「好き」に共感する人が

書き手のもとに集まるんじゃないかな。

 

だから、まずは周りの目を気にせず

自分の「好き」を発信する。

 

それだけでいいと思うんだ。

 

 

日々は動き 君が生まれる

暗い道でも 進む進む

誰かそこで必ず聴いているさ

君の笑い声を

 

 

誰かに届けー!と思いながら

夜な夜な記事を書く。

 

自己陶酔。

 

いい記事書くじゃん、わたし。

 

できあがった記事を読んで

笑い声をあげてたら

頭がおかしくなったんじゃないかって

家族には心配されるけどさ。

 

でも、その会心の笑みを

受け取ってくれる人は

きっとどこかにいるんだよ。

 

もしかしたら読み逃げかもしれないけど

逃げられたって役には立ってる。

 

その記事を読んでくれる人が必ずいる。

 

 

神様は知らない 僕たちの中の

痛みや笑みがあるから

そこから

 

 

あるよ、あるよー。

痛みも笑みも。

 

たとえばよく神様にたとえられるG様。

 

アドセンス審査に落ちた人の心の痛み

アドセンス審査を通った人の笑み。

 

そんなのお構いなしでしょうよ。

 

でもブロガー側には絶対にある。

 

あとはさ、

まだ始めたばかりの初心者の苦しみや喜びは

初心者が一番よくわかったりするわけで。

 

ちっぽけな僕や私にも

わからないことや苦しいことは

たくさんあるわけで。

 

まわりを見て嫉妬すること、あるでしょ?

 

化物みたいなアクセス、

意味がわからない収益、

crazy な世界。

 

でもそれを自分が好きで選んで

やってるわけだからさ。

 

なにがあろうと

そこからやっていくしか

ないじゃない。

 

 

日々は動き 今が生まれる

未知の日常 進む進む

誰かそこで必ず聴いているさ

君の笑い声

 

 

未知の日常。

 

今日何が起こるかなんて

誰にもわからない。

 

だから書くことは山ほどある。

 

自分の半径5メートルのことでもいいし

地球の裏側に思いをめぐらしてもいい。

 

1文字でも前へ。

 

とにかく書く。

書き続けるんだ。

 

きっと誰かが読んでくれる。

そう信じて。

 

 

夜を越えて 朝が生まれる

暗い部屋にも光る何か

僕はずっとそこで歌っているさ

でかい声をあげて

へたな声をあげて

 

 

ただいまAM4:00。

 

もう少しで夜が明ける。

 

こんな時間にやっぱり書いてる。

 

朝活の人たちは

もうすぐ目覚めるだろう。

そしてすぐに書き出すだろう。

 

暗い部屋に光るのは

PCのディスプレイ。

 

キーボードをタイプして

一つ一つ置いていく文字に

何か光るものはあるのだろうか。

 

まあどっちでもいいか。

 

この文章で言いたかったことは

星野源の『日常』がすごくよくって

僕が大好きな曲だってこと。

 

それを伝えたくて

へたくそな文章でもいいから

おおげさに書ききったよ。

 

これを読んだ人が

 

『日常』

 

を聴いてくれたらうれしい。

 

そして共感してくれたら

もっとうれしい。

 

ただそれだけです、はい。

 

 

あんまり夜更かしすると

オバケが出るかもしれないから

少し眠ろう。

 

 

目覚めたら、今日も仕事だ

 

 

僕の日常が待っている。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら、ハートを押していただけるとうれしいです!
ブログのおはなし音楽
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました