アウトドアワゴンはコールマンを買っとけばいい

アウトドア
スポンサーリンク

ども、コールマン大好きロギオです。

BBQやキャンプを始めると、荷物を運ぶのにアウトドアワゴンが欲しくなります。

わが家はそんなもの使わねぇぜ!と思っていても、汗だくになって両手にあれこれ持ってヒーヒー言いながら運んでいる脇を、すーっとワゴンが通り抜けたとき、やっぱりアレ、欲しいな…ってなります。

ええ、そうです。私がそうなって買いましたから。

Amazon や楽天で検索すると、いろいろなメーカーからアウトドアワゴンが発売されていて、どれを買ったらいいか迷います。

僕は言いたい。コールマン買っとけば間違いないよ、と。

おそらく、どこのキャンプ場に行っても、かならず一度は目にするあの赤いやつです。

スポンサーリンク

なぜコールマン推しなのか?

コールマンをおすすめする理由、それは自分で使っているから!なんですけど、それじゃ納得いかないと思うので、僕が良いと思う理由をいくつかあげてみようと思います。

使っている人が多い

おそらく、アウトドアワゴンというアイテムで、もっともメジャーなブランドはコールマンだと思います。

ほとんどの人があの赤いワゴンを想像するはず。

高級ブランドといったらルイヴィトンと同じくらい、アウトドアワゴンといったらあの赤いワゴンをイメージする人が多いと思います。

それくらい普及しているわけですから、何かといいことが多いです。

使い方やトラブルの解決法などは、たいていググれば解決できます。

コールマンブランドへの信頼性

アウトドアを趣味にする人でコールマンを知らない人はいないでしょう。それくらいメジャーで、たくさんの人に愛用されているブランドです。

ブランドで大切なのは「製品の品質」「アフターケア」だと思います。

いい製品を作っていても、アフターケアがないブランドは、安心して長く使えません。壊れたときや使い方がわからない時、どこに聞けばいいのかわからないなんて嫌じゃないですか?

でも、そういうモノって意外と多いです。

コールマンなら安心です。

機能的に申し分ない

耐荷重100kg、収納は収束型(4隅が中央に集まってまとまる)でコンパクト、収束時に自立する、ホイールロックが付いている、荷物を抑えるゴムバンド付、カバー付きなど、アウトドアワゴンに欲しい機能がそろっています。

しいて言えば、シートの取り外しができないのが購入前に気になりましたが、使い始めてわかったのは、そんなに洗ったりもしないので、問題ありませんでした。

また、ワゴンをテーブル化したい場合は、フタがオプション品として販売されています(赤のみ)。

人と違うものが好きなら別注コールマンを探せばいい

コールマンのアウトドアワゴンには別注モデルが多数存在します。

だから、モノ自体はコールマンであっても、カラーやデザインで差別化することができます。

たとえば、Amazon別注はアウトドア感たっぷりのミリタリーグリーンです。

アルペン系別注でネイビーとベージュというのもあります。

ほかにも毎シーズン新しいデザインを発表しているセレクトショップもあるので、オリジナリティを出したい人は「コールマン ワゴン 別注」と検索して探してみてください。

 

まとめ

アウトドアワゴンを検討し始めると、あれこれと機能を比較したり、価格を調べてみたりすると思います。

僕もだいぶ調べて吟味しましたが、外せない機能と価格面の折り合いをつけてみたら、たどり着いたのはコールマンでした。

日頃から一緒に遊んでいるファミリーがすでに赤ワゴンを持っていたので、わが家は別注でベージュを選択しましたが、今ならAmazonのミリタリーカラーを選ぶかな、と思います。汚れが目立たないですしね。

いろいろ迷うのも楽しいとは思いますが、コールマン一択でも何ら問題ないというのが、実際に使ってみての結論でした。

(注)砂浜で使用する予定がある場合は、コールマンだと砂にタイヤが埋まりますので、コールマン以外のタイヤが太いものを選んだほうがいいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました