『お伝と伝じろう』を観れば「どうしたら伝わるのか」がわかるようになる!

ブログのおはなし
スポンサーリンク

 

文章を書くということは、何かを伝えるということです。

 

テーマを決め、記憶をたどったり、気になることを調べたりして、自分の考えをまとめ、一つのカタチにする作業。

 

ブログであれば写真や動画を使うことがあるにしても、あくまで中心となるのは「文字」であり「言葉」です。

 

では、どうやって自分の考えをまとめ、伝えればいいのでしょうか?

 

大丈夫です。いいのがあります。

 

 

スポンサーリンク

NHK Eテレ『お伝と伝じろう』

NHKのEテレって、あなどれない番組がたくさんあります。

 

その中の一つ、『お伝と伝じろう』をご存知でしょうか?

 

 

はい、こんな番組です。

 

な、何これ?

 

 

はい、そう思ったひと、手を上げてー。

ほとんどだね。まぁ、そう思うよね。

 

 

じゃあ、公式サイトから、どんな番組なのか説明文を拝借してきてみましょうか。

 

はい、これ!

 

 

…ちょっと興味を持っていただけましたかね。

でも、ちょっとわかりにくいか。

これじゃあ、イメージわかないよね。

 

 

では、もう少し具体的にいきますよ。

 

 

これでどうだー!

 

 

おぉ!これは観てみたいッ!

 

そう思いませんでした?

 

思いましたよね?

 

 

ちゃんと動画で全部観れますのでご安心を。

 

 

どうです?興味深くないですか?

 

 

1つ10分なので、全部で200分。

3時間ちょっとです。

セミナー1回分ってとこかな。

 

 

見た目はなんじゃこりゃー!って感じですけど、内容はいたってマジメ。

 

しかも、結構、深いです。

 

あなたの分身 サトル

サトルは伝えることが苦手な少年。

いろいろと思うことはあっても、なかなかうまく伝えられません。

 

・何を伝えたいのかわからない

・どうやって伝えたらいいかわからない

 

ブログを書きたい!

でも、どうしたらいいかわからないひとー。

はい、手をあげてー。

 

OK、OK。

 

あなたたち、サトルの悩みに共感しまくりだと思いますよ。

 

まさに、あなたの分身。

 

サトルの悩みは、みんなの悩み。

 

お伝と伝じろう

サトルの悩みを解決してくれるのが、このふたり。

 

伝じろうとお伝(つた)さん。

 

なんとも変わった風貌ですが、ものすごーくわかりやすく「コミュニケーションの方法」を教えてくれるのです。

 

ちなみにこの番組のセットは、伝じろうの心の中という設定です。

 

この独特の世界観も魅力の一つ。

 

思わず「シルブプレレレレーッ!」って叫びたくなります。

 

観ればわかる。

 

 

 

ところで、この人たち誰?

はい、一応置いておきます。

 

 

 

レ・ロマネスク
メインボーカルのTOBIとアシスタントのMIYAにより、2000年フランスのパリで結成された音楽ユニット。欧州のクラブシーンやフェスティバルで人気を集め、2008年春夏パリコレでのライブをきっかけに、世界12カ国50都市以上で公演を行う。パリ在住12年後、フジロック出演を機に日本へ帰国。NHK Eテレ「お伝と伝じろう」(おつたとでんじろう)のメインキャストを務めるなど、現在は東京を拠点に活動している。夫婦ではない。(Wikipedia

現地のフランス人50名に「アナタが知る日本の有名人は?」と聞いてみたところ

第1位:宮崎駿
第2位:北野武
第3位:黒澤明
第4位: レ・ロマネスク
第5位:嘉納治五郎
第6位:錦織圭
第7位:羽生結弦
第8位:オノ・ヨーコ
第9位:三島由紀夫
第10位:浅野忠信

Rocket News24

 

超実力派のおふたりなのです。

 

第1線で活躍するゲスト

主要キャストの他に、この番組にはもう一つ、すごいポイントがあります。

 

それは番組後半のゲスト!

 

テーマに沿った数々の「お師匠さん」が登場します。

これが、とにかく豪華なんです。

 

名越康文(精神科医)
LiLiCo(映画コメンテーター)
村上龍男(加茂水族館館長)
長谷川祐子(東京都現代美術館チーフ・キュレーター)
黛まどか(俳人)
佐倉統(東京大学大学院教授)
谷山雅計(コピーライター)
松木安太郎(サッカー解説者)
ロバート・キャンベル(東京大学大学院教授)
吉田豪(プロ・インタビュアー)
飯島晶子(朗読家)
横山仁一(舞台演出家)

 

どうです、ヤバくないですか?

 

この方々が伝授するコツは、どれも第一線で活躍する中で導き出された金言ばかり。

 

こいつは本当にすげー番組だぜ!

 

これであなたも伝えられる!

やっぱりね、人間、一人じゃ生きていけないんですよ。

 

誰かと思いや考えを交換しなきゃいけない。

コミュニケーションをとらなきゃいけない。

 

そうしないと、やりたいこともできませんもの。

だから、そのための技術って、持っていたほうがいいと思うんですよね。

 

ブログにしてもそう。

せっかくなら、伝わるブログ、書きたいでしょ?

 

ぜひ『お伝と伝じろう』で「あなたを伝える方法」を学んじゃってください。

 

では、お伝さん、シルブプレレレレーッ!

 

お伝と伝じろう [国語 小3~6] | NHK for School
【“どうしたら伝わるか”を考える番組です!】フランスからやってきた転校生「伝じろう」と内気な小学生サトル。二人のコミュニケーションをめぐるドラマを通じて、“どうしたら相手に伝わるのか”を視聴する子どもたち自身に考えさせ、国語の「話す・聞く」や、そのほかの教科での「プレゼン・スピーチ」にも役立つコミュニケーションスキルを...

『お伝と伝じろう』NHK Eテレ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました