僕は何かを残したい

ブログのおはなし
スポンサーリンク

 

あけましておめでとうございます。

ろぎおです。

 

 

2020年がいよいよ始まりました。

誰にともなく、書き始めます。

 

 

ちょっとだけ時を戻して、2019年末。

 

 

僕は猛威を振るうインフルエンザにぶっ倒れていました。

 

病院に行ったタイミングがよかったみたいで、検査で陽性が出て薬を早い段階で飲めたので、熱は38度台で抑えられましたけど、頭痛がハンパなかったです。

 

無事、2日間で解熱し、期せずして訪れた年末休み。

 

いろいろなことを考えました。

 

が、考えがまとまりきらずに、仕事復帰。

 

 

年末年始なく、大みそか、元旦、2日と仕事して、ようやく正月休みです。

 

それも1日しかないので、言ったらまぁ普通のお休みですけど。

 

 

 

で、いつのまにか迎えた2020年。

 

 

 

僕はどうしたいのかなぁと考えて、一つの結論に達しました。

 

もう誰が読むとか無視して、どっぷりブログに浸かってやろうと思います。

 

 

このブログを始めたのは2019年1月19日。

 

もう少しで1年。

 

 

原点に戻ることにします。

 

 

とにかくここにブチこみます。

 

 

どうしてそう思ったのか?

 

 

一つの想いが根っこにあります。

 

 

僕は何かを残したい

 

 

ずっと自分のことを普通だなと思ってきたんです。

 

普通の男が普通のことを書いても、なんぼのもんじゃいと。

 

普通に考えたら、何も成果なんて出ませんよ。

 

面白くも何ともないですからね。

 

 

でも、先月やっていたことで、ちょっと考えが変わったんです。

 

何か起こるかもな、と。

 

 

 

2019年12月、僕はアメブロでキャンプブログを書いていました。

 

インフルエンザで3日ほど空きましたけど、それ以外は毎日更新。

 

締めて39記事。

 

 

きゃんぷどらいぶ(アメブロ)

 

 

 

そこで気付いたんですけどね。

 

ワードプレスで書くブログって、有益でなければいけないみたいな呪縛に無意識に囚われているところがありました。

 

でも、全然そんなことないブログを1か月書いてみて、ファンですみたいなことを言ってくださる方があらわれたりして、調子に乗りました。

 

 

いや、だって調子に乗るでしょ。

 

 

とにかく更新することしか考えず、つらつらと思ったことを書き綴っていただけですからね。

 

文字数とか文章の構成とか、ほぼ無視して。

 

写真も1枚とかですから。

 

サムネが味気ないロゴとかになるのは嫌だったから、とりあえず添えたみたいな写真。

 

それでも文章を楽しみにして読んでくれる方がいて、そんな反応もらったら、誰だって調子に乗るはず。

 

 

少なくとも、僕はノッた。

 

 

だから、やります。

 

とりあえず、書きまくります。

 

 

こっちはキャンプ以外のことを書き放題ですからね。

 

たくさん書くことあるんです。

 

今までは控えていたことも書いていこうと思っています。

 

だって、全部ブチこむので。

 

 

 

僕にとっては今日が正月休みの初日。

 

元旦みたいなものです。

 

一年の計は元旦にあるんでしょ。

 

だから、今日、宣言しておきます。

 

 

 

一年の計。

 

 

書く

 

 

それだけ。

 

 

書く

 

書くぞ、と。

 

 

何かが残るはず

 

 

そう信じて、書きます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました