ろぎおのアメリカ旅行記1 羽田出発~ラピッドシティ空港

おでかけ
スポンサーリンク

ついにこの日がやってきました

 

アメリカ旅行。

 

はじめての本土上陸に、胸がわくわくします。

 

 

奥さんと子供たちは、1週間前に現地入り。

かなり楽しそうな様子がLINEで送られてきています。

 

 

うぅー、早く合流したい!

 

 

では、まいります!

 

 

スポンサーリンク

羽田空港

今回、出国は羽田、帰国は成田なので、車ではなくは電車で空港に。

 

 

羽田空港国際線ターミナル駅。

 

とてもわかりやすい名前で好感が持てますな。

間違いっこないです。

 

 

ANAのチェックインカウンター。

 

すでにオンラインでチェックインは済んでいるので、ここはスルーして荷物を預けるカウンターに直行です。

 

荷物の計量は、まさに試合前のボクサーの気分。

国際線の重量制限、エコノミーは1個当たり23kgですが…

 

 

7kg

 

 

楽勝でした。

 

 

 

いよいよ、出発です!

 

 

セキュリティチェックと出国審査も無事クリア。

 

 

 

高級ブランドが立ち並ぶ免税店をプラプラと流します。

 

 

そうそうたるブランドの中に

 

 

ユニクロがあると、なんかホッとするのは僕だけ?

 

 

お店めぐりも早々に飽きたので、充電しながら搭乗時間待ち。

 

今さらですけど、国際線発着の空港では、こういう充電ポートがデフォルトですね。

アメリカでも気にして見ていましたけど、どこにでもありました。

 

ANA 成田~シカゴ

 

さて、乗るぜ!

 

 

おぉ!安全確認のお知らせが、JAPANバージョン!

 

 

これ、なかなか面白かったです。

 

 

あとで調べたら、機内安全ビデオをどう見てもらうかというところで、出てきたアイデアなんですって。

 

大事なことなんだけど、あんまり見てもらえないというところを改善したかったと。

 

 

確かに、きちんと見たことなかった気がします(反省)。

 

 

まちがいなく大成功ですよ。

だって、見ますもん。

 

 

で、探しておきました。

 

 

気になった方は、こちらからどうぞ!

 

 

 

テイクオフ!

 

 

東京を上から。ギュッと詰まってる。

 

 

グッバイ、ジャパン。

グッバイ、千葉。

 

 

機体が安定して、わりとすぐにいただけるおつまみ。

 

 

次に食べられるのは、10日後だと思って、味わって食べました。

30秒くらいで。

 

 

仕事のことを忘れるクスリです。

 

 

ゴクゴクゴク…

 

 

ぷはぁー。

 

 

はい、きれいさっぱり忘れました。

 

 

 

機内食1。すきやき弁当をチョイス。

 

 

日系の航空会社の機内食は、本当にレベルが高いです。

どれも美味しい。

 

個人的には、焼き豆腐とキリチーズがハイライトでした。

 

 

しゃるうぃ~ハーゲンダッツ!

 

 

腹ごしらえも終わったところで、映画タイム。

 

『キングダム』『空飛ぶタイヤ』

 

どちらも面白かったー!

 

 

 

そして、ひと眠り…

 

 

気付いたら、こんなに進んでました。

 

 

 

雲がまるで…うーん、なんでしょうね。

 

 

語彙力がなさ過ぎて、表現できません。

ただただ、美しい光景でした。

 

 

 

さて、機内食2。

 

 

ザ・和食。

 

 

今のうちにたらふく食べておく作戦です。

 

 

 

おぉ、地上が見えてきた!

 

 

はじめて見る、アメリカ本土です(ハワイまでは行ったことがある)。

 

 

よく、その広大さに驚くって言うじゃないですか。

僕もそんな気持ちを抱くんだろうなーと思っていたんですけどね。

 

 

よく、わからん。

 

 

正直なところ、そんな感じでした。

広すぎるんでしょうね。

 

 

人間、想像を超えたものに出くわすと、思考が停止するというか、まぁ、そんな感じだったんだと思います。

 

 

 

もう少し、降下してみます。

 

 

おぉ、アメリカっぽい!

 

 

区画が整理されていて、家々にプールがあるのがわかります。

そうそう、アメリカってこんな感じだと想像していたやつでした。

 

 

シカゴ オヘア空港

 

というわけで、無事着陸@シカゴ・オヘア国際空港。

 

 

 

ハローアメリカ!

 

 

入国審査前の登録のやつ。

 

 

なんか、今にもトランスフォームしそうな感じですよね。

両サイドのグリーンの光が、メカっぽい声にあわせて点滅しそう。

 

 

自分でやるのか…

できるかな…

 

 

ちょっとドキドキしましたけど、ちゃんと日本語にも対応していたので、すんなりできました。

 

 

その後、入国審査、荷物のピックアップと進み、無事入国。

 

 

いやぁ、ついに来ちゃったなぁ、アメリカ…

 

 

みたいな感慨にふけることもなく、トランジットなので先を急ぎます。

 

 

案内表示に従ったり、人に聞けば行けるだろと思って、事前に何も調べていかなかったんですけど、じつはシカゴ・オヘア空港って、ものすごく大きな空港だったんですね。

 

2016年、2017年は2年連続で世界第2位の発着数を誇っていたんだそうで。

 

 

(引用:ANA公式サイト)

 

ターミナル移動がバスって、知らなかった。。

 

 

 

というわけで、バスに揺られて移動します。

 

目の前にいた人、雑誌ポパイとかに出てきそう。

スケボーとか持ってそう。

 

 

ちなみにこの直前にトランジットでの荷物の再預けをしました。

 

 

黒人のおばちゃんが

 

「はい、あんたどこ行き?あぁ、ラピッドシティね。そこのバスに乗ってターミナル2よ」

 

と言いながら、荷物を別な男性に指示して持って行かせて終わり。

 

 

「これ、ラピッドシティねー」

 

 

みたいな感じですよ。

 

 

あまりにもイージーでちょっと心配になりました。

結果的には何の問題もなかったんですけど。

 

で、ターミナル2に着いてから、手荷物検査のゲートを通過し、またしばし搭乗待ち。

トランジットに3時間半の時間があったので、空港をプラプラしました。

 

 

どどーん。

 

 

なぜ恐竜?

 

いやいや、シカゴといえば、恐竜です。

 

シカゴのフィールド自然博物館に、世界最大級のティラノサウルスの化石標本があるのは有名。

ほかにも世界クラスの展示物が、わんさかあるのです。

 

ここに恐竜がいるのも、そういうことだと思います。

 

ちょうど福井駅の前に恐竜広場があるのと、同じ感覚ですね。

 

 

 

どどーん。

 

なんかいろいろ書いてあったんですけど、ちゃんと読まなかったので、なぜこの展示なのかは不明。

まぁ、でも、空港ですから、飛行機っていうのは当たり前といえば当たり前な感じです。

 

 

ちなみに飛行機の前には、こんなブースが設けられていました。

 

 

現在、新ターミナルの建設を予定しているみたいです。

 

シカゴ・オヘア国際空港の新ターミナル Foster + Partnersらの設計案が公開 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア
アメリカのシカゴ・オヘア国際空港では、新ターミナルの建設を予定している。1960年代に作られた既存のターミナル2に代わるもので、シカゴのイノベーション、建築、多様性の遺産を反映した最先端のグローバルターミナルとなるものだ。現在、この新ターミナル…

 

 

 

で、この時点でお昼ちょっと前だったので、小腹が空いてきました。

何か食べよう、ということで、アメリカ初食事。

 

 

で、マクドナルド。

 

 

手軽さと安心感でついってやつです。

しかもフィレオフィッシュですからね

ビッグマックじゃなくて。

 

 

味は日本と変わらなかったです。

切り身のボリューム感はあったかな。

あと、ドリンクのサイズはアメリカンでした。

SがMくらいありましたからね。

 

 

ユナイテッド シカゴ~ラピッドシティ

 

で、一休みしているうちに、搭乗時間になりました。

 

 

乗ります。

 

 

 

約1時間半のフライト…ではないのです。

 

 

これ、気づいていなかったんですけど、じつはシカゴと目的地のラピッドシティには、1時間の時差がありましてね。

出発も到着も現地時間表記なんですよ。

 

 

だから、実際は2時間半のフライトだったんです。

 

 

これね、1時間半経った時に気付いたんですよ

あれ?まだ飛んでる??って。

 

地味に凹みました。

だって、あんまり乗っていたくないですから。

早く降りたいですから。

 

もう、変な想像までしちゃいましたよ。

 

どこに連れて行かれちゃうの?

交信が途絶えて行方不明の機体なの?

それともまさかの宇宙人?

 

だいぶ頭がイカレてます。

変なテレビとかYoutube を見すぎです。

 

 

 

ご覧のとおり、みんな普通なのにね。

 

 

 

とりあえずプラスになった1時間は、ただただ、広大な大地を眺めて過ごしました。

 

 

 

そして、無事到着!

 

やっと家族に会える!

 

 

 

と思ったら、ここからがまた長くてですね。

 

 

 

着陸してから、飛行機を降りるまでに30分くらい待たされました。

 

 

この状態で15分とか、結構長く感じますよ。

 

早くしてー!ってね。

 

 

そんな感じで、ジラしにジラされて、ようやくアメリカの大地に降り立ったのでした。

 

 

つづく

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました