ろぎおについて

ネイチャーハイクのストーブ│ソロキャンプの暖房はこれで十分

アウトドアグッズ

 

寒い季節のキャンプに欠かせないのが暖房器具。

 

石油ストーブは持っているのですが

ソロキャンプにはちとデカい。

 

そこでコンパクトなものを探していたら

リーズナブルなキャンプギアで有名な

ネイチャーハイクさんで見つけました。

 

それがこちらー!

 

スポンサーリンク

Naturehike (ネイチャーハイク)のガスストーブ

武骨なデザインがいい!

 

シルバーの天板にブロンズ色のガード。

台座部分はアイアンカラー。

ブランドロゴも真鍮風プレート。

 

一切のぬかりなし。

 

男のギア感がもうたまらんです。

 

パッケージには

2in1 ヒーター&ストーブ

とあります。

 

そう、こちらは

ヒーターとしても使えるし

ガスストーブとしても使えるのです。

 

とりあえず写真で見ていただきましょう。

 

こちらは家でMAXまで燃焼させてみたところ。

 

真っ赤になると、かなり暖かいです。

 

一番最初の写真を見てもらえるとわかりますけど

ソロ用テントだとそこまで火力をあげなくても

幕内は十分あたたかくなりました。

 

天板にはスライドできる穴があいていて

ケトルなどをのせた状態に対して

火力を調節することができます。

 

そして本格的に調理をしたい場合は

ガードを外してしまいましょう。

 

こちらは朝のお湯を沸かしているところ。

 

ゴトクが付いているので

がっつり調理することも可能です。

 

メインの調理は焚火やカセットコンロでやりつつ

サブ的に使うのが便利かもしれません。

 

燃料はOD缶

燃料はOD缶を使います。

 

460gの大容量が台座部分にすっぽり入ります。

 

 

中はいたってシンプルな構造です。

 

ちなみに収納するときは、カバーがここにおさまります。

 

 

ちょっと気になるポイント

唯一気になるところは大きさです。

 

ちょっと大きい。

 

写真のペットボトルは1.5Lのポカリなんですけれども、幅は倍くらいあるのがおわかりいただけるかと。

 

車移動なら全然問題ないですが

バイクや電車・徒歩だと

持っていくには荷物になるサイズ。

 

大きさのことを考えると

遠赤ヒーターアタッチメントを

使うという選択肢が浮かびます。

 

そこでいろいろ調べたんですけど

こちらをガス缶で使用するのは

ちょっと怖いなと思ったんですね。

 

というのも、

輻射熱がかなり広範囲にわたって

すごいらしいんです。

 

実験をしてくれている方の動画を拝見すると

ちょっと安心して使えなさそうだなと。

 

セパレート式のバーナーを持っていれば

そちらでもよかったかもしれないですが

あいにく僕は持っていない。

 

なので、安心感を買う意味で

ネイチャーハイクのこちらにしました。

 

オートキャンパーなので

大きさは問題ありませんのでね。

 

とにかく

朝起きて速攻で暖が取れるっていうのは

かなり魅力的ですよ。

 

 

ちなみにこのストーブは

別売りのツールボックスケース(S)にシンデレラフィットします。

 

 

こんな感じで。

 

予算が許せば一緒に買うといいと思います。

 

所有欲を満たしてくれる暖房器具

 

正直、ひと目でデザインを気に入って買ったんですけれど、意外と機能的にもすぐれていて、買ってよかったなと。

 

大きさの部分さえ問題ないなら、

間違いなく所有欲を満たしてくれるはず。

 

テント内の暖房器具仕様は自己責任ですが、

ソロキャンプなら重宝するギアです。

 

 

 

アウトドアグッズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました