ろぎおについて
よもやまばなし

多い男

 

某月某日。

 

娘が発熱。

わが家のコロナ・オミクロンとの闘いが始まりました。

 

2日後。

 

奥さん発熱。

 

さほど広くないマンションをレッドゾーンとグリーンゾーンに分け、共用スペースでは最大限の注意を払いながらの隔離生活を展開。

 

5日後。

 

 

僕も発熱しました。

 

 

あああ・・・

 

土曜日の午後という最悪のタイミング。

月曜まで病院にはかかれません。

 

ちょうどその日、東京都が無料で配布している抗原検査キットが届きました。

 

 

早速試してみることにしました。

 

 

結果はやっぱり陽性でした。

 

Tラインにくっきりと線が出ています。

 

熱はそこからグングン上昇。

 

MAXは38.6度でした。

 

熱はそこまでキツくないのですが、頭痛と喉の痛みがツラくてずっと寝てました。

 

月曜日。

 

病院でPCR検査し、即日で陽性が確定。

 

そのとき、

医師からの話で気になる発言がありました。

 

 

「ウイルスが多いようなので、気をつけてくださいね」

 

 

この時点で息子は無症状でしたが、念のため、抗原検査キットで検査をしてみることにしました。

 

 

結果。

 

 

うっすらと陽性反応が出ました。

 

 

どうやら無症状で感染していたようです。

 

そういえば、

僕の発熱の前日に息子は「喉が痛い」と

言っていました。

 

おそらくそれが彼の症状だったのでしょう。

 

ふと医師の発言を思い出しました。

 

 

「ウイルスが多いようなので、気をつけてくださいね」

 

 

そんなことがわかるのか?と思っていたのですが、息子と自分の検査結果を見くらべてみて、愕然としました。

 

 

これは息子のですが

 

 

濃いッ!!!

 

 

Tラインの濃さがまるで違います。

 

 

奥さんが看護師のママ友にLINEで質問してみました。

 

 

「あぁ、多いと濃く出るんだよねー」

 

 

どうやら医師が言う通り

僕は「多い男」だったみたいです。

 

 

最後まで感染せずに凌いでいたのに、感染したらウイルス量が多い男でした。

 

一番最初に療養が明ける娘からは

 

「パパ、ウイルス多いんだからあんまり近づかないで」

 

と言われる始末。

 

 

地味にショック。

 

 

おとなしく自宅療養しようと心に誓ったのでした。

 

 

 

この記事が気に入ったら、ハートを押していただけるとうれしいです!
よもやまばなし
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました