ろぎおについて
くいいぢ

ほっきょ荘の生ごまどうふぱふぇが予想外の美味しさだった!

 

どうも、スイーツ大好きブロガーの ろぎお です。

 

わが家は僕も奥さんも

食にこだわりがありません。

 

旅行の楽しみは

やっぱり食べ物よね!

みたいなのが、ない。

 

だから、福井県に行くってなっても

何がご当地グルメなのかよく知らない。

 

で、奥さんが職場のグルメガイ(注:グルメに詳しいイケメンのこと)に聞いたんですって。

 

「福井っていったら何?」って。

 

そうしたらグルメガイは

 

「ごまどうふだね」

 

と即答。

 

さすがグルメガイ!

 

で、

僕も奥さんも素直にごまどうふを

食べることにしました。

 

それがこちらー!

 

スポンサーリンク

ほっきょ荘の生ごまどうふぱふぇ

どどーん。

 

おいおい、ちょっと邪道じゃねえか?

 

普通、ごまどうふって言ったら

 

こういうやつだろ?Google 画像検索

 

と、鼻息を荒くされるのも当然です。

僕らもそう思ってましたから。

 

でも、この日は猛暑日だったのです。

めっちゃ暑かった。

 

だから駐車場を借りたおみやげ屋さん

ほっきょ荘さんの店頭にあった

看板につい魔が差してしまったのです。

 

ほっきょ荘さん。

 

 

この看板ね。

 

当然、人気No.1 しか見えないです。

 

EIHEIJI=永平寺

FRESH=新鮮ってことね

SWEETS=甘いもの

PARFAIT=パフェ

 

で、一つだけすぐに

わからなかったんですよ

 

SESAME ?

 

ググってみたら

「ごま」

って意味だったんですね。

 

ああ、なるほど。

FRESH SESAME

生ごまってことか!

 

じゃあセサミストリートって

ごま通りってこと?!

 

そんな疑問が浮かびつつ

迷いなくオーダー。

 

で、あのパフェが手元にやってきたのです。

 

でもこれ、見た目どうです?

 

ちょっと大丈夫かな…って

不安がよぎらないこともない。

 

期待と不安が2:8くらいで

ごまどうふをソフトクリームにからめて

恐る恐る口にはこびました。

 

 

にゅるん…

 

 

うっま!

 

 

あらあら、

ちょっとこれはあっさりと想像を

越えてきましたよ。

 

 

もうひとくちいただきます

 

パクッ

 

 

あっま!

 

そして、ごまー--!

 

 

もうね、混然一体って言葉は

このためにあると思いましたよね。

 

ごまどうふの食感と

バニラアイスの甘さと

黒ごまソースの苦味が

夏の福井のハーモニー。

 

いやはや、恐れ入りました。

 

これはごまどうふの食べ方として

断然ありですね。

 

もはやごまどうふのイメージを変える

革命と言ってもいいんじゃないですか。

 

もともとのごまどうふを

たいして知りませんけど。

 

Google さんも画像検索に

このごまどうふパフェを拾わないようじゃ

まだまだですね。

 

大事なのは「破壊と創造」だと

あらためて感じました。

 

とにかく一度食べてみて欲しいです。

マジで美味しいんで。

 

今度、グルメガイに言ってやろうと思います。

 

「福井グルメ、どうでした?」

 

「生ごまどうふぱふぇだろ」

 

ってね。

 

というわけで、

福井県の永平寺にお出かけされた際には

ぜひ食べてみてくださいね!

 

以上、ろぎおでした!

 

 

 

<<夏旅2022>>

【1】いざ福井!3泊4日の旅の始まり

【2】念願の福井恐竜博物館は胸アツの異空間だった

【3】子どもたちには秘密のコテージでのできごと

【4】永平寺~平湯 寄り道するのも旅の楽しみ

【5】平湯の夜は雨音に包まれ、朝は日の光に目覚める

【6】自然のパワーとロープウェイ、城と山賊と雨

 

この記事が気に入ったら、ハートを押していただけるとうれしいです!
くいいぢ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました