みやろぎおのプロフィールはこちら

素朴な琴

とくとく日記
7+

朝起きて、まず息子に聞いた。

 

「詩、覚えてるか?」

 

息子はすらすらと暗唱した。

 

このあかるさのなかへ

ひとつの素朴な琴をおけば

秋の美しさに耐えかねて

琴はしづかに鳴りいだすだらう

 

八木重吉の「素朴な琴」という詩である。

 

昨夜、仕事から帰ったら、息子が唸っていた。

 

「あー、覚えらんねー」

 

先の詩を暗唱できるようにするのが宿題なのだそうだ。

暗記の様子をうかがっていると、どうやら文字の羅列を意味もなく覚えようとしているようだった。

 

そこでいったん暗記をやめさせ、となりに息子を座らせた。

そして、意味がわからない言葉をひとつひとつ辞書でひかせたり、ぼくが例文を使って説明したりした。

 

「素朴」「琴」「耐えかねる」

 

特に琴は、どんな楽器か、どんな音色かをぼくのスマホで調べさせて、写真や動画を視聴した。

 

言葉の意味がわかったところで、こんどは詩がどんな情景を描いているのかを一緒に考えた。

 

「このあかるさ」って何だろう?

「秋の美しさ」って何だろう?

「鳴りだす」ではなく「鳴りいだす」となっているのはどうしてだろう?

 

息子の中に詩の情景が広がったところで暗唱をさせてみた。

 

1回目は2か所、2回目は1か所、つっかえた。

3回目で暗唱できた。

 

それから15分おきくらいに何度か確認した。

しっかり覚えているようだった。

 

そして、今朝のふいうち。

もう間違わなかった。

 

 

今日、仕事から帰ってきて、息子に聞いた。

 

「暗唱、どうだった?」

「できたよ」

 

得意げに暗唱する息子をみて、少しは役に立てたかなと思った。

 

■今日のとくとく

息子が詩の暗唱をできたこと

 

7+

コメント

タイトルとURLをコピーしました