自分のために決まってるじゃねぇか!

気になること
スポンサーリンク

ども、ロギオです。

 

ブログに何を書けばいいのか?という問いに

 

・人の役に立つ記事を書こう
・人の感情を揺さぶる記事を書こう

 

なんてことがよく言われます。

 

・読者を想定して書く

 

なんてことも言われますね。ペルソナとか。

 

つまり、ブログと日記の一番の違いは

 

日記:自分だけが読む

ブログ:他人が読む

 

こう言われます。

 

で、他人が読むから、きちんと書かなければならないとなりますが

きちんと書くことに囚われすぎると、文章が味気ないものになりがちです。

一般論や説明調の文章が多くなればなるほど、体温が感じられません。

 

では、どうすればいいのか?

 

スポンサーリンク

イチローと王貞治監督の話

 

先日、自動車メーカートヨタのYoutubeチャンネル「トヨタイムズ」で、豊田章男社長の2019年の年頭挨拶の動画を観ました。

 

そのなかでイチローが語ったエピソード(14:47~)が印象的でした。

 

マリナーズに在籍時、イチローは「プロとしての自分」と「チームのためにプレーする自分」のはざまで悩んでいた時期があったそうです。

プロフェッショナルの集積がチームとなり勝利をもたらす、という考え方は持っていたものの、弱いチームの中で個人の実績を積み重ねることを批判され、迷いが生じていたのだとか。

 

そこで帰国したときに、尊敬する王貞治監督に聞いてみました。

 

「監督は現役の時、どういう気持でプレーしていましたか?」

 

これに対し王監督は間髪入れずに即答しました。

 

「自分のために決まってんじゃねぇか!」

 

当時のジャイアンツは9連覇を成し遂げるほどの無敵の強さを誇り、王監督はそのチームのエースでした。

そんな人が迷いなく“自分のため”と言い切るのを聞いて、イチローの迷いは消え、それ以降は周りの声に惑わされることもなくなったのだそうです。

 

「誰かのため」という文句は、とても聞こえがいいです。

 

家族のため
友だちのため
恋人のため
会社のため
チームのため

 

まだ見ぬ「誰か」のため…

 

でも、そもそもどんなことであっても

 

「自分のため」

 

がまずあって然るべきなんじゃないでしょうかね。

 

自分が「これだ!」と思うからやっている
自分が好きだからやっている

 

だから続けられるし、成果も出るというのが正しい順序な気がします。

 

自分が書きたいように書けばいい

ブログも他人を意識し過ぎずに、自分本位でいいんじゃないかと思います。

 

大事なのは、余すことなく書きたいことを書き尽くすこと。

できるだけ詳細に、できるだけリアルに、全部吐き出すくらいの気持ちで書く。

 

そんな文章であれば、きっと人の心を打つはずです。

 

だから、僕は読者を意識しつつも、自分に正直に書きたいことを書いていこうと思っています。

せっかくの自分のブログなんですから、自分色に染めないでどうするのッ!って感じです。

 

ブログを楽しんでやるッ!

 

と決意を新たにした

ロギオでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました