とらやの紙袋がモードでオシャレすぎる件

気になること
スポンサーリンク

 

先日、鹿児島から親戚が東京に遊びに来ることになりましてね。

で、会食をすることになったんです。

 

そしたら、やっぱり菓子折りの1つでもあった方がいいだろうってことで、おみやげを用意することになりました。

 

ちなみに親戚は60歳。

 

定年退職をして、時間にゆとりができたから、国内旅行で何箇所か回って、最後が東京だったんです。

 

だから、帰りの荷物になるのも何なので、コンパクトなものがいいよね、と。

そして、ちょっとヒネリがきいていて、もらって嬉しいものがいいよね、と。

しかも、年齢的には和菓子がいいよね、と。

 

で、たどり着いたのが、とらやだったんです。

 

限定のやつ。

 

スポンサーリンク

東京2020オリンピックエンブレム小倉羊羹5本入り

和菓子のとらやです。
知ってます?

 

泣く子も笑うキング・オブ・和菓子ブランド。

 

そのとらやの限定品で、東京オリンピックを記念した羊羹が出ているんです。

これね。

パラリンピックのは赤です。

 

で、これを買って帰って、無事渡しましてね。

へぇ、面白いね、って言って喜んでくれました。

 

でね、家に帰って入れ替え後に残っていたお持ち帰り用の紙袋を見て思ったんです。

 

 

めっちゃ、シャレオツやん。

 

 

では、その紙袋、業界用語で言うところのショッパーを見てみましょう。

 

とらやの紙袋

どうです、これ。

 

シンプル・イズ・ベスト。

 

白地に黒のモノトーンカラーがモードです。

フロント&バックは同じデザイン。

 

右上に虎。
英語で言うとタイガーです。

 

しかも、いさぎよく黒一色。
英語で言うとブラックです。

 

そう、ブラックタイガー

 

でもね、エビではないです。
生粋の虎です。
トラね。

 

ただね、僕がシャレオツと思ったのは、ここではありません。

 

横です。
側面です。
サイドです。

 

はい、これ。

 

平仮名で「とらや」。

 

うん、いい感じです。

でもね、ここでもないんです。

反対側、いきます。

 

 

アルファベットで「TORAYA」。

 

はい、これです。

 

なんとなく、似てません?

 

どうです、似てません?

 

モードブランドの代表、プラダです。

 

べりーすたいりっしゅ。

 

しかもですよ、すこし上に目をやると、小さな文字でさりげない一言が書いてあるんです。

 

 

訳すと「和菓子」です。

 

俺が和菓子だ。

 

まるでそう言っているようではありませんか。

 

とらや・イズ・和菓子。

 

さすが、とらやです。

 

そして、底面はこちら。

 

はい、図案に対する説明もきちんと入れるぬかりなさ。

 

もちろん、リサイクル対応。

 

「責任ある木材資源を使用した紙」を使い、環境への配慮も完璧。

 

 

神は細部に宿る。

 

 

とらや・イズ・神(ゴッド)。

 

 

もはや、とらやを選んでおけば間違いありません。

 

なんて言ったって、紙袋が超絶オサレですから。

 

親戚付き合いや仕事での取引先挨拶などで、手土産をお探しの時は、とらや一択でいきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました