愛と笑いの講演会 六本木未来大学『田中泰延さん、自分が読みたい文章の書きかたって何ですか?』

行ってきた
スポンサーリンク
1+

 

六本木ミッドタウンに講演を聞きに行ってきた。

 

 

講師は田中泰延(たなかひろのぶ)氏。

 

 

現在、16万部のベストセラーになっている『読みたいことを、書けばいい。』の著者である。

 

文章を書きたい人の多くが、本書を2019年のベストにあげており、僕もそのうちの一人だ。

 

 

ずっと講演を聞きに行きたいと思っていたが、なかなかタイミングが合わず、機会を逃していた。

 

 

今回が著作についての講演は最後になりそうというツイートを見つけ、仕事の都合を調整。

 

なんとかラストチャンスに滑り込むことができた。

 

そして、いよいよ当日がやってきた。

 

 

 

18時32分、受付開始2分後に会場に到着。

 

すでに受付が始まっており、列ができていた。

 

 

今回のキャパは追加分も含めると、240名という規模。

 

とても横に長い会場。

 

僕は演台に向かって少し右の前から3列目に着席した。

 

 

会場に来る前に、お手洗いに行っていたが、開演5分前に不安になって、もう一度お手洗いに席を立った。

 

急ぎ足で男性用に入っていくと、角を曲がったところで、ご本人が目の前にあらわれた。

 

(おわっ!田中さんだ!)

 

こういう時、人は思ったより何もできないものである。

 

マスクをしていたので、目で会釈をするのが精一杯。

 

田中さんも軽く「どうも」って感じで返してくれていたような気がする。

 

 

そして、19時。

 

いよいよ講演が始まった。

 

 

 

まちがいなく言えることは、これ。

 

 

とにかくボケまくっていて、ずっと笑いが絶えなかった

 

 

もちろん、僕もたくさん笑わせていただいた。

 

 

 

マイベストは炊飯器。

 

「食べたいときだけ炊けばいい」

 

会場は爆笑の渦。

 

笑いを説明するなんて、野暮なことはしない。

 

会場にいなかった方は、なんのこっちゃだろうが、面白かったのは間違いない。

 

 

 

琴線に触れた言葉やシーンは、人それぞれ。

 

 

 

さて、僕の感想。

 

 

まず、正直なことを言うと、あれもこれも目から鱗でした!みたいなことは、なかった。

 

僕は田中氏が書いたものをたくさん読んでいた。

 

田中氏のみならず、その周辺の記事もたくさん読んでいた。

 

だから、既知のことが多かった。

 

 

 

特に本の内容については、当たり前だが、エッセンスは全部本に書いてある。

 

補足や具体例の説明で理解は深まるが、初めて本を読んだ時のような感動はない。

 

もし、この講演に行きたかったけど行けなくて、知識やノウハウ的なことに興味がある方は、本を買って読んで、ネットに散らばる田中氏の記事を読み漁れば、ほとんどカバーできると思う。

 

 

 

ただ、これをライブで聞けたということには、大きな価値がある。

 

講師と同じ部屋の空気を吸う

 

このこと以上に、講演会の価値はないと思う。

 

 

あの笑いの渦と田中氏の熱量は、体験した人しかわからない。

 

 

それに、目から鱗という発見がたくさんある講演会ではなかったけれど、それはそれでいいと思っている。

 

本を読むとき、一つか二つすごく心に刺さることがあれば、その本には価値があったと思っている。

 

講演会もまたしかりである。

 

 

 

では、今回の講演会で、グッと来たことは何だったのか?

 

 

印象的だったのはこれである。

 

 

ベートーヴェンのくだり。第九の話。

 

とにかく、田中氏が楽しそうに話すのだ。

 

 

 

僕が「愛」と書いたのは、本書に「愛」という言葉が出てくるからである。

 

くわしくは185ページをご覧になっていただければである。

 

 

 

で、この「楽しそうに」話す田中氏が、なぜそんなに印象に残ったのか?

 

 

 

僕はある人の発言を思い出した。

 

 

ホリエモンこと堀江貴文氏である。

 

 

堀江氏は「講演会はやりたくない」とよく言っている。

 

 

その理由を、次のように語っている。

 

「僕はインプットしたい人間で、講演会って基本アウトプットしかないから、つまらないんだよね」

 

これである。

 

別にアウトプットしたいわけではない。

 

お話してくださいと頼まれて、話している。

 

そして、それはつまらないと。

 

 

ひるがえって、田中氏である。

 

 

ご本人の名誉のために断っておくが、田中氏が講演をやりたくないと言っているわけではない。

 

それどころか、サービス精神旺盛な人であるから、とても面白く話をしてくださる。

 

おそらく「聞きたいことを話している」から、ご自身でも面白がっていらっしゃるはず。

 

 

それでも、本の内容は、すでに書いたこと。

 

田中氏は知っていることである。

 

そして、どこまで本当かどうかは定かではないが、文章を書くのは「世界で一番イヤなこと」という人である(p105)。

 

それを頼まれて、話している。

 

 

だから、本の内容について話す部分は、そこまで楽しいわけではないだろう。

 

 

 

では、ベートーヴェンはどうか。

 

 

ものすごく好きなことである。

 

 

合唱団に入り、長年にわたって第九を歌い、果てはウィーンまでクリムトの絵を見に行くくらい、大好きなことである。

 

 

だから、話している表情がまるで違う。

 

どんな他の例え話よりも饒舌だし、目をキラッキラに輝かせて話している。

 

随所に差し込むボケも、キレッキレである。

 

放っておけば、いくらでも話していそうな勢いがある。

 

好きがドバドバあふれ出している。

 

 

そう、好きなことを人に話すのは、楽しいのだ。

 

 

ご本人も講演中に仰っていた。

 

 

「僕は話したいんですよ、こういう話が!」

 

 

と。

 

 

これが「楽しそうに」の正体なのだと思った。

 

 

 

ここで、ある言葉がググっとせりあがってくる。

 

 

調べることは愛することだ。(p185)

 

そう、「愛」である。

 

 

ベートーヴェンの膨大なスライドは、愛の結晶なのだ。

 

文字で

 

写真で

 

音声で

 

動画で

 

あらゆる事象をもって伝えようとする意志。

 

圧倒的な迫力。

 

 

愛の深さは、表情や声色にあらわれる。

 

文章なら、行間にあらわれる。

 

 

愛をもって「ねっ、面白いでしょ!」と語る人。

 

そりゃ講演も文章も面白いはずである。

 

 

 

田中氏の「楽しそうに」から、僕はあらためて「調べる」ことの大切さ、楽しさ、そして喜びを感じた次第である。

 

 

 

 

最後に、この本を生み出したもう一人の主人公、ダイヤモンド社の編集者である今野氏が登壇。

 

 

今野氏も「愛」を語った。

 

 

自分の心象に嘘をつかない

 

 

これが本書を生み出したきっかけであり、田中氏と自分をつないでいるというお話。

 

 

とてもまっすぐな言葉。

 

僕は心のノートに書き留めた。

 

 

 

数日前、田中氏はあるトークイベントに出演した。

 

そこでは、自分のことを知っている人が数名という、いわばアウェー状態だった。

 

 

講演会の序盤、その話をまくらに、田中氏はこう言った。

 

 

「今日はありがたいですね」

 

 

会場に集まっている人は、みんな田中氏を知っている。

 

田中氏が大好きな人ばかりである。

 

 

 

終演後、深々とお辞儀をする田中氏と今野氏。

 

そこに沸き起こる万雷の拍手。

 

 

会場は「愛」につつまれていた。

 

 

愛と笑いの講演会。

 

 

真冬の2月、とてもあたたかい気持ちになった夜だった。

 

 

 

田中さん、今野さん

 

六本木未来大学のみなさん

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました