それでも地球は回っている

気になること
スポンサーリンク

ども、ろぎおです。

 

ツイッターやってますか?

 

僕は2018年10月から、ろぎお名義でのツイッターを始めました。

はじめてツイッターをやったのは2010年頃だったと思いますが、それから何回もアカウントを作ったり消したりを繰り返してきました。

 

ただ、ここ数ヶ月のハマりっぷりがもっともひどく(笑)、できるだけ見ないようにしないと日常生活に支障をきたすレベルになりつつあります。

まぁ、それはちょっと大げさだとしても、本当に気がつくとスマホでツイッターしているんですよね。

まったく困ったものです。

 

昨夜、子供の寝かしつけで22時に布団に入ったんですけど、日頃の寝不足がたたってそのまま深い深いマリアナ海溝よりも深い眠りに落ちてしまい、ハッと気がついたら朝7時。

外は明るく、小鳥がチュンチュン鳴いていました。

 

寝かしつけから起きてブログにあんな記事やこんな記事を書こうと思っていたので、0.3秒くらい凹んで、0.2秒で立ち直って、そのままツイッターを確認。

 

そしたら、もうタイムラインがいつもと変わらず、いや、いつも以上に楽しそうなわけですよ。

日中にツイキャスでお邪魔したツイ主さんは、仕事が終わった後にも酒をあおりながらラジオでまだ喋ってるし。

 

その時にふと頭をよぎりました。

 

 

「それでも地球は回っている」

 

 

イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイの有名な言葉です。

この言葉には、捏造説もあって、ことの真偽はわからないそうですが、まぁ、そんなことはどうでもいいです。

 

なんか、ふと、この言葉が浮かんだんですよね。

 

ちょっとそれここで使うの違うだろ、というご意見があれば、その通りかもしれません。

いいんです、言葉なんて、解釈ですから。

僕にはしっくりきた。

このことが大事。

 

今、朝10時15分であと30分くらいしたら家を出なくてはなりません。

世間は黄金週間で史上初の10連休みたいです。

史上初の10連覇とかなら、「おぉ、すげー!」って感じで心の底から拍手なんですけど、史上初の10連休とか言われても、サービス業やってる僕には嫌味にしか聞こえません。

たぶん、この長期休暇中にお仕事の方は、多かれ少なかれ似たようなことを感じているんじゃないでしょうかね。

もちろん、お休みの方には思う存分楽しんでほしいんです。

そういう方がお金を落としてくれないと、僕も商売上がったりなので。

あ、もう10時20分です。

そんな状態で、こんな記事を書いている僕も頭おかしいんじゃないかと思うんですけど、なんか今のこの気持ちを書き残しておきたくなったんですよね。

 

 

「それでも地球は回っている」

 

 

この言葉は、宗教裁判にかけられたガリレオが、地動説を否定された時につぶやいた言葉とされています。

 

それまでは天動説といって、地球が中心で、他の惑星が周りを回っていると信じられていました。

 

これに対し、コペルニクスという人が、地球は太陽の周りを回っているとする地動説を唱え、ガリレオもその立場に立っていたのです。

 

「んなこと言ったって、(太陽の周りを)地球が回ってんだもん」

 

これはそういう意味の言葉。

 

でも、僕が思ったのは、ちょっと違う意味です。

 

地球(=世の中)は止まらない。

常に周り続けている。

 

そんなことを思いました。

 

自分とはお構いなしに世界は進んでいく。

だから振り回されちゃダメだなと。

その流れは感じながらも、自分の足元をしっかりしなきゃいけない。

 

そんなこと言いながら、もちろんツイッターはこれからも楽しんでいくつもりなんですけど、自分なりにルールを決めるなりしてやらなきゃなと思いました。

 

今まで頭の中でぼやーっとしていたことが、ここ何日かで少しクリアになりつつあります。

そこに集中してどこまでいけるか試してみたい。

 

昨日、ある人のツイートに偉そうにアドバイスしていたこと。

 

新しいことに対する気持ちの障害が「不安」や「怖れ」ならば、飛び込んでみたらいい。

 

これ、そのまま自分にも当てはまるなと。

 

Just do it !

 

人に言うばかりじゃなく、自分でもまずはやってみようと思います。

 

よし、やろう。

 

 

あ、仕事の時間だ。

 

とりあえず行ってきまーす。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました