ろぎおについて
行ってきた

福井県立恐竜博物館に一番近い道の駅はここ!恐竜渓谷かつやま

 

どうも、恐竜大好きブロガーの ろぎお です。

 

恐竜好きが憧れる聖地。

 

 

福井県立恐竜博物館

 

 

東京から朝イチ突撃するために、夜通し車を走らせました。

 

で、現地の近くで仮眠をしようと思いましてね。

 

一番近い道の駅を調べてみたら、とてもすばらしい施設がございました。

 

こちらです。

 

スポンサーリンク

道の駅 恐竜渓谷かつやま

あらま、僕が映り込んでてごめんなさいね。

 

それにしてもここ、なんかきれいじゃない?

 

そう思った方はスルドイ!

恐竜渓谷かつやまは2020年6月20日にオープンした、まだ比較的新しい道の駅なのでございます。

 

木と金属の相乗効果がモダンなつくり。

 

これはなかなか期待できそうですよ。

 

と、施設の話をする前に、ちょっと時間をさかのぼらせていただきます。

 

午前6時42分に到着。

 

広々とした駐車場(99台収容)にポツポツと車が停まっているんですけど、ナンバーを見て驚きましたよね。

 

 

全国津々浦々から恐竜好きの猛者たちが集結しているなと。

 

 

これは天下一武道会だなと。

 

 

そりゃフクイラプトルもすべり台の上で吠えるよなと。

 

博物館が決勝だとしたら、かつやまは予選だなと。

 

 

そんな感じで建物の中に入りました。

 

で、道の駅についたら、まずトイレに行こうってなるじゃないですか。

 

 

なにこのピクトグラム?!

 

そう、ここはいちいち恐竜なんですよ。

 

 

ほらね。

 

 

よく見たら、入り口にある案内板もでした。

 

 

ちなみに時計も!

 

とまあ予選からだいぶ熱い戦いを繰り広げたわけですけど、当初の予定通りに仮眠をとり、朝食もここでいただきました。

 

ただですね、ここの売店は9時から、カフェレストランは10時からなので、恐竜博物館に朝イチからとなると間に合わない。

 

でも大丈夫です。

 

目の前がファミリーマートですので。

 

そちらで朝食を買って、ここの休憩所でいただくことができるのです。

 

ちなみにテーブル席はこんな感じ。

 

これ以外にカウンター席もありますので、ゆったり待ち時間をくつろぐことができますよ。

 

さいごに場所をお知らせしておきますね。

 

左の方にかつやま、右上に恐竜博物館(地図は画像)。

 

車で10分ぐらいです。

 

というわけで、恐竜博物館前に朝イチから行く方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

以上、ろぎおでした。

 

【道の駅 恐竜渓谷かつやま】

道の駅 恐竜渓谷かつやま

 

<<夏旅2022>>

【1】いざ福井!3泊4日の旅の始まり

【2】念願の福井恐竜博物館は胸アツの異空間だった

【3】子どもたちには秘密のコテージでのできごと

【4】永平寺~平湯 寄り道するのも旅の楽しみ

【5】平湯の夜は雨音に包まれ、朝は日の光に目覚める

【6】自然のパワーとロープウェイ、城と山賊と雨

 

 

この記事が気に入ったら、ハートを押していただけるとうれしいです!
行ってきた
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら他の人にも教えてあげてください!
みやろぎおをフォローする
ろぎおどらいぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました